すでに49歳男の悪あがき日記 言っちゃった

プロフィール

酔ふ児

Author:酔ふ児
48歳の現在まで挫折の連続。特に近年、新聞業界紙の記者をやめてから駄目っぷりが加速。9年前に日本から別居中だったかみさんのいる台湾に移住。心機一転と思って、日本語教師を目指すが、5年目ぐらいで他の活路が思い浮かび、日本に舞い戻る。とりあえず安定の道を探るが、45で正社員に採用してくれるまともなところは皆無。その後の3年間では、日本語教育業界紙を4日でやめ、パチンコ雑誌の編集プロダクションを4ヶ月(後にその会社の会長がインサイダー取引でつかまる。元やくざだったらしい。俺の退職とは直接関係はない)、自己啓発のセミナーなどを主催している会社に派遣で入社するが正社員移行の際給料のあまりの低さに愕然とし8ヶ月で身を引く。1年前から南青山で中小企業を応援するという名目の雑誌社に正社員として入社、かつて出版で一世を風靡したことがあるというメタボ社長と奮闘中。しかし、その実、台湾で思い浮かんだ外国人の子ども向けに日本語の教材を出すのという夢に向かい地味~に進行中です。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ほおもんしゃ数


FC2ブログランキング


リンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


フリーエリア

つながりを力に!起業支援ネットワーク NICe


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム


フリーエリア



DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:起業、企画
 先々月ぐらい社として大きな仕事が舞い込んだ。F研究所という、わが社の原稿(外注)に50万の値をつけてくれて、次回は特集をくみます、といったところ、なんと180万くれるという超太っ腹な会社だ。最近では報道ステーションとかにも取り上げられて、勝負時と思ったそこの社長が宣伝費(うちの会社に出しても宣伝になりませんよ)の一貫として出してくれた。
 うちの社長はこういう時は食いついたら離れない(それがまがりなりにも雑誌が10余年続いた由縁です)。もう電話かけまくり(繋がらないときには10分置き、それが会社あてだったり、社長秘書あてだったり、社長の携帯だったり)。あの執念たらすごいわ。とにかく今後も何かにつけ金をだしてもらおうと思ってるらしく、あわよくばスポンサーになって欲しいということで、攻勢がすごい。
 そんでもってまた自慢話。「俺の企画力はすごいだろ」「俺の嗅覚みたか?」「出版社はこういう面白味があるんだぞ」「今の雑誌の目の付け所は間違いなくいい」「そう思わんか、ビエチャン君?」。ただでさえうっとうしいのに、俺に同意を求めるのか。俺もここで「社長はすごい」「この調子でビルでもたてちゃいましょ?」とか、適当に持ち上げておけばいいのですが、つい、自覚もない分析力もゼロのアホに言ってしまうんですよ。「経済誌(一応分類上はそうなるのかな)じゃ、先行きないですよ。月刊誌(うちの雑誌は表紙にも記載してありますが、名目マンスリーマガジン、実質隔月誌なのです)も難しい」
「もっとインパクトのある雑誌つくんなきゃ、出版社として伸びていくなんて無理ですって」。ここで社長の目つきが変わる。
 「じゃあ、どんな雑誌を君は出したいの?」。またコーヒーカップ投げつけられるかな?一瞬身構えた。でも手がカップに伸びそうもない。まだ理性はありそうだ。
 普段、散々ぱら、「君は企画力がない」「そういうのは君は苦手だよな」「出版人として企画力がないっつうのは、致命傷だぞ」と、俺にのたまう奴なんです。俺もいつもはこいつに「俺の考えいっても伝わるわけないし、自分で独立して実現しよう」という腹だけだったんですが、この時ばかりは言ってしまったんです(これが実行できなきゃ辞めますよ、という気持ちも伝えようと思い)。で、大分簡略して(もっとも僕の頭にはまだ概略しかありません)、言ったんですよ。「僕の専門は日本語教育です」「子ども、幼児向けの日本語教材はありません」「日本のアニメは世界中に広がっていて、それを日本語教材として利用すれば子どもたちが馴染んでくれるはずです」…と。
 どうせ、普段の独善的な意見で拒絶されると思っていたのですが、あにはからんや、「日本にはどのぐらい外国人がいる?」「まあ聞いておこう」と言って、「企画書出してみろ」というんです。
 少しは興味引いたみたいなんです。意外でしたね。
僕としてはこの会社で、これを実現させるのは無理だと思ってたし、やるんだったら、自分でやるしかないと思ってるんです。この社長にはけっこう世話になってる。給料も会社全体の収入や借金を考えるとけっこうもらってると思う(つっても一般的には少ないですよ)。そのあたりを自分の中でどう折り合いをつけるかだけど、社長の営業手法っていうのは納得できない(それで俺も収入得ているんだし、えらそうにはいえない)し、認めちゃいけない。これをやっている以上俺は反発しなきゃいけない。だったらやめろよ!、ごもっともです。でも、やめられない。ご都合主義です。
 取り合えず企画書書きます。どうなるかわからないけど、優先するのはこの企画でしょ。

スポンサーサイト
コメント

アニメ日本語教育

読んでて面白かったです。
この企画その後どうなったか興味あります。

Re: アニメ日本語教育

コメントありがとうございます。

企画進行中です。

企画書はまだですが、構想だけは進んでます。

今後ともよろしく。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © すでに49歳男の悪あがき日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。