すでに49歳男の悪あがき日記 見ごたえのある3時間

プロフィール

酔ふ児

Author:酔ふ児
48歳の現在まで挫折の連続。特に近年、新聞業界紙の記者をやめてから駄目っぷりが加速。9年前に日本から別居中だったかみさんのいる台湾に移住。心機一転と思って、日本語教師を目指すが、5年目ぐらいで他の活路が思い浮かび、日本に舞い戻る。とりあえず安定の道を探るが、45で正社員に採用してくれるまともなところは皆無。その後の3年間では、日本語教育業界紙を4日でやめ、パチンコ雑誌の編集プロダクションを4ヶ月(後にその会社の会長がインサイダー取引でつかまる。元やくざだったらしい。俺の退職とは直接関係はない)、自己啓発のセミナーなどを主催している会社に派遣で入社するが正社員移行の際給料のあまりの低さに愕然とし8ヶ月で身を引く。1年前から南青山で中小企業を応援するという名目の雑誌社に正社員として入社、かつて出版で一世を風靡したことがあるというメタボ社長と奮闘中。しかし、その実、台湾で思い浮かんだ外国人の子ども向けに日本語の教材を出すのという夢に向かい地味~に進行中です。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ほおもんしゃ数


FC2ブログランキング


リンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


フリーエリア

つながりを力に!起業支援ネットワーク NICe


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム


フリーエリア



DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:中国も捨てたもんじゃない
中国の十年以上前の映画「項羽と劉邦」をインターネットで見た。久々に見ごたえのある映画だった。
 「四面楚歌」の言葉を生んだ二人の英雄の話だが、この映画の中で英雄として描かれるのは項羽の方。
 でも、英雄の末路をリアルに描いてるね。
 久々にコン・リーを見た。劉邦の奥さん(中国の三大悪女の一人)を演じてるんだけど、こういうくせのある役をやらせるとホントいいよね。チャン・ツィイーじゃこうはいかないだろうな。
 総指揮はHEROとかを監督したチャン・イーモーだけど、HEROよりこっちのほうがいいだろうって思ってしまった(「HERO」は見たのか見てないのか、はっきりしないんだけどね)。
 前編と後編に分かれていて、長いっちゃあ長いんだけど、見ごたえは十分ある。
 これ、司馬遼太郎(これが原作か?)も横山光輝も書いてるんだ。面白い話だよね。
 英雄が英雄として完結しないところが、いい。お勧めです。
 
 
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


自分の能力を開発する上で


自己啓発に関する真に意味のあるセミナーに参加したり本や・雑誌・CD等出版物を買う場合、その選択の際に参考になるのはギネスブックで「世界No1のセールスマン」に認定されたセールスマン、ジョー・ジラード氏の言葉です。「確かな実績のある人の本を買う」こと。



copyright © すでに49歳男の悪あがき日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。