すでに49歳男の悪あがき日記 老人ほど生への執着が強い

プロフィール

酔ふ児

Author:酔ふ児
48歳の現在まで挫折の連続。特に近年、新聞業界紙の記者をやめてから駄目っぷりが加速。9年前に日本から別居中だったかみさんのいる台湾に移住。心機一転と思って、日本語教師を目指すが、5年目ぐらいで他の活路が思い浮かび、日本に舞い戻る。とりあえず安定の道を探るが、45で正社員に採用してくれるまともなところは皆無。その後の3年間では、日本語教育業界紙を4日でやめ、パチンコ雑誌の編集プロダクションを4ヶ月(後にその会社の会長がインサイダー取引でつかまる。元やくざだったらしい。俺の退職とは直接関係はない)、自己啓発のセミナーなどを主催している会社に派遣で入社するが正社員移行の際給料のあまりの低さに愕然とし8ヶ月で身を引く。1年前から南青山で中小企業を応援するという名目の雑誌社に正社員として入社、かつて出版で一世を風靡したことがあるというメタボ社長と奮闘中。しかし、その実、台湾で思い浮かんだ外国人の子ども向けに日本語の教材を出すのという夢に向かい地味~に進行中です。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ほおもんしゃ数


FC2ブログランキング


リンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


フリーエリア

つながりを力に!起業支援ネットワーク NICe


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム


フリーエリア



DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
知っていました?
 老人ほど生への執着が強いそうです。「ひきこもれ」からの抜粋なんですが。
 おふくろは78で、俺と二人で住んでおるのですが、大分最近物忘れがひどくて、10分前のことを忘れたりする。
 お袋はそういうのを自覚していて、「ボケてくると、死ぬのが怖くなくなる」なんて、言っているのですが、実際は怖いんでしょうな。
 隆じいも言っていますが、
 普通なら、年寄りというのはもう十分に生きて、先は長くないわけですから、「いつ死んでもいい」という心境になってもよさそうなのに、そうはならない。ほとんどの人が逆にケチになる。
 言いえて妙です。
 うちのおふくろは飲んだ後のペットボトル、冷蔵庫内で腐ってるもの、空き箱、ほとんど捨てないんですね。壊れ物もそのままで、修理も嫌がるんですわ。
 生と同様、物への執着も強いんでしょうか。
 隆じいは続けて
 青春期の、生命力と可能性がたっぷり残っている時のほうが、生に執着しないところがある。…生命力が過剰だからです。…恐怖も何もなくなって、ポーンと死の側へ行ってしまう…。それが年を取って生命力が衰えてくると、自分の命に対してケチになる。…理屈に合っていないんじゃないか、と思うのですが、僕自身もそうなんだから仕方がない。と言っています。

 じいさん、ばあさん見て、「枯れてるなあ」なんて哀れんじゃ駄目。ご本人たちは死ぬのが怖くてたまたんのですから。
 
スポンサーサイト

タグ : 老人、脳天気、

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © すでに49歳男の悪あがき日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。