すでに49歳男の悪あがき日記 2008年06月

プロフィール

酔ふ児

Author:酔ふ児
48歳の現在まで挫折の連続。特に近年、新聞業界紙の記者をやめてから駄目っぷりが加速。9年前に日本から別居中だったかみさんのいる台湾に移住。心機一転と思って、日本語教師を目指すが、5年目ぐらいで他の活路が思い浮かび、日本に舞い戻る。とりあえず安定の道を探るが、45で正社員に採用してくれるまともなところは皆無。その後の3年間では、日本語教育業界紙を4日でやめ、パチンコ雑誌の編集プロダクションを4ヶ月(後にその会社の会長がインサイダー取引でつかまる。元やくざだったらしい。俺の退職とは直接関係はない)、自己啓発のセミナーなどを主催している会社に派遣で入社するが正社員移行の際給料のあまりの低さに愕然とし8ヶ月で身を引く。1年前から南青山で中小企業を応援するという名目の雑誌社に正社員として入社、かつて出版で一世を風靡したことがあるというメタボ社長と奮闘中。しかし、その実、台湾で思い浮かんだ外国人の子ども向けに日本語の教材を出すのという夢に向かい地味~に進行中です。


カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ほおもんしゃ数


FC2ブログランキング


リンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


フリーエリア

つながりを力に!起業支援ネットワーク NICe


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム


フリーエリア



DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:出会い
 5月16日の読売の記事だ。
 読売の記者が、東京・秋葉原で、外国人向けに行われている「秋葉原新発見ツアー」に同行した。
 ロボットの店「ツクモロボット王国」では、ロボットが三味線を弾いたり、片手で腕立て伏せをしたりする様子を見学。東京アニメセンターや、人気キャラクターのぬいぐるみなどを扱う店も回った。英語のガイド付き。2時間のツアーは無料で、参加者は2年半で約1000人を数える。
 高度なロボットの開発技術、海外でも人気のアニメなどが、外国人に誇れる”宝物”であることを改めて実感させられたそうだ。
 さも、ありなんです。
 ”宝物”ですよ、日本の。アニメっていうと、やっぱり日本なんですよね。他国にも優秀なアニメってありますけど、ちょっと違うんですよね。アメリカにもイギリスにもロシアにもありますけど、大人でも子どもでも楽しめるってのはやっぱり日本のアニメだって思うんですよ。外国のはむしろ大人向け。手塚から始まる日本のアニメって、子供向けが大人に広まったように思うんですよね。根本的に違う。この特殊性を何とか生かしたいものです。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:会社
先日、弘兼憲史の描く島耕作が社長になったよね。
 前々から多少は気になっていたんだけど、昨日「課長島耕作」の一巻を古本屋で買った。
 俺も今、いろんなとこの中小企業の経営者の記事を書かせてもらってるんだけど(えらそうに言うけど、テープもらってそこから記事を書く。取材はしてない)、やっぱあんまりこの世界のこと、知んないなあという実感がある。アホ社長には「小室君は世間を知らなすぎだよ」なんて言われてしまうし(本を全くといっていいほど読まない人に言われたくない。このオッサン、出版社?の社長やっているにも関わらず、活字に接することがほとんどない。「俺は耳学問だから」なんてうそぶいている。出版人の風上にもおけない人なんです。俺は出版人とは認めてないけど)。
 そこで、島耕作だけど、課長から部長、常務、専務とかから今回の話になるわけだから、そのプロセスが描かれているわけでしょ。でも、最初のうちって女と寝てばっかしなのね。多少は以前に読んでて知ってたけど、3話ぐらいまでで毎回寝てるんだもん。俺もそういうの嫌いじゃないというか、好きだから、いいんだけどさ。そのうち変わってくるのかなあと期待たせつつ、なかなかそういう展開にしないっていうのが、漫画家の狙いだからね。まあ、そうはいかないんだろうね、しばらくは。まあ、こっちも気長に待ちますよ。
 しかしいいなあ島耕作は、もてて。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:趣味
今、NHKラジオ第2放送で、”感覚的漫画論”というのを放送している。
 こころをよむシリーズということで、予想にたがわず「漢詩の来た道」「文学の世界ブロンテ姉妹」「道元のことば」など、硬い内容のものばかりなのだが、そこに”感覚的”漫画論です。
 漫画は今や学術的にも認められてるんですね。その講師が京都精華大学マンガ学部長の牧野圭一氏。あまり知られていませんが、一こまマンガの長老といったところでしょうか。
 私のうちにはラジオがありませんので、とりあえずテキストを買って読んでみたのですが、これがつまらないんです、実に。いろいろ書きすぎですって、牧野先生。
 趣旨としては、マンガほど一つのものごとをわかりやすく端的にしかもおもしろく伝える媒体はない。マンガは日本固有の文化だ。マンガは理屈ではなく感覚で理解するものだ。などなどで、結局、ありきたりの漫画論を難しく説明しているもので、ちっともおもしろくないんですよ。マンガはマンガで説明するのが一番です。
 ともあれ、マンガが文化的に認められているのは誰もが認めていること。最近では漫画家=文化人で、テレビのコメンテーターとしてかかせない存在ですもんね。テレビ界では困ったときには漫画家を呼べっていうのが通説になってるとか、なってないとか。
 メディアの中でも、影響力においてはトップクラスではないでしょうか、特に若者の中では。若くなればなるほど、身近になりますものね。個人的には、あまりかたっくるしいものとしては扱われたくないような気もします。わからない人にはわからないですよ。僕だってわかんねええなあっていうのたくさんありますしね。でも、幼児期の子どもが見るマンガは、幼児に感情移入して、こりゃ絶対おもしろいわって思います。
 まああんまり偏ってもどうかなってのもありますけど、おもしろければええやん、とにかくつかみの部分ですから、外国人の日本語教育に有効に使いたいです。マンガ自体はかなり外国人にも浸透していますから。
| BLOG TOP |

copyright © すでに49歳男の悪あがき日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。