すでに49歳男の悪あがき日記 趣味

プロフィール

酔ふ児

Author:酔ふ児
48歳の現在まで挫折の連続。特に近年、新聞業界紙の記者をやめてから駄目っぷりが加速。9年前に日本から別居中だったかみさんのいる台湾に移住。心機一転と思って、日本語教師を目指すが、5年目ぐらいで他の活路が思い浮かび、日本に舞い戻る。とりあえず安定の道を探るが、45で正社員に採用してくれるまともなところは皆無。その後の3年間では、日本語教育業界紙を4日でやめ、パチンコ雑誌の編集プロダクションを4ヶ月(後にその会社の会長がインサイダー取引でつかまる。元やくざだったらしい。俺の退職とは直接関係はない)、自己啓発のセミナーなどを主催している会社に派遣で入社するが正社員移行の際給料のあまりの低さに愕然とし8ヶ月で身を引く。1年前から南青山で中小企業を応援するという名目の雑誌社に正社員として入社、かつて出版で一世を風靡したことがあるというメタボ社長と奮闘中。しかし、その実、台湾で思い浮かんだ外国人の子ども向けに日本語の教材を出すのという夢に向かい地味~に進行中です。


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ほおもんしゃ数


FC2ブログランキング


リンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


フリーエリア

つながりを力に!起業支援ネットワーク NICe


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム


フリーエリア



DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:趣味
ここ数日水滸伝にはまっています。といっても小説じゃありません。中国ドラマなのです。水滸伝っつうのは、ここで紹介するまでもなく、中国四大奇書(ほかの三つは知りませんが)のひとつなのですが、それをハリウッド映画(マトリックスとか)なんかで武術指導しているユエン・ウーピンという人が監督しているのです。北方謙三も水滸伝を書いておってちょこっと読んでいたんで興味はあったのですが、予想以上に面白いんです。全43話ぐらいあって、まだ7話見終わったところで梁山泊もまだ出てこないんですが、酔っぱらい智深のハチャメチャぶりに思わず引き込まれてしまいました。あそこまで酒癖悪くなくて本当に良かったと思います。これから先、どうなるか楽しみ。中国ドラマなんていうと、ちょっとつまんなさそうに感じてしまいますが、性格描写とか、人間関係の機微とか、非常に巧みです。まだ35話ぐらいあるんで非常に楽しみ。わが社もとりわけ荒波にさらされておるわけで、水滸伝とはかなりダブルとこがある。いろいろ勉強になるなあ。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:趣味
 25日、わが社の出版物4月号ができたのですが、さっそくクレームがきやがった。「番号が抜けて51が5になっている。どうしてくれるんだ」というお怒り。うちは、中小企業を取材し、お金をそこからいただいている。取材先=お客様なわけだ。だから、ミスがあればお金がもらえなくなってしまう。



 さっそく、今日の朝、直接先方に謝りに行くことにした。行くためには手ぶらでは行けない。そこで横浜高島屋で菓子折りを買うことにしたのだが、開店は10時。時間が早いのでうちを出た後、スターバックで時間をつぶすことにした。最近はスターバックもすいていますな。一時期の隆盛も過去のもののようです。他にほとんどお客さんもおらず、二階に上がり駅周辺を見下ろしていました。30分間、ほとんど何も考えずにぼんやり。普段からぼんやりしているなどと心ない人は言いますが、失敬な!それなりに考えているんですよ。昼飯は何を食おうか?とか。今月はきちんと給料でるんかな?とか。でも、この時ばかりは本当に何も考えていませんでした。ただ通りすがりの人を見ているだけ。音楽もジャズっぽいのが流れているだけで、時間が過ぎるのを待つだけなのです。


しかし、気がつくと、これがいいんですな。肩肘ついて、ぼ~っと。これから、お客様のところに行って謝らなきゃいけないのに、まったく不謹慎です。でも、作戦立てても仕方ないでしょ、誠意をもって謝るだけですもん。で、気持ち良かったもんですから電車の中でもぼ~。普段はたいていなんかしら本を読んでいるんですが、今日ばかりはぼ~。そうするといろいろ見えてきます。中刷りとか、人の表情とか、服のしわなんかもね。けっこうおもしろかったですね。俺もこうやって見られてるんだ?っていうのがちょっとわかりました。

時間のつぶし方もいろいろですな。でも、こういう時間のつぶし方もあるんだって気がついたのは収穫でした。


先方への謝罪も、高島屋で買った虎屋の羊羹(後で社長に「やくざの手土産か?」といわれましたが)が功を奏したのか、問題なく許してもらえました。

今後もあるだろうなあ、こおういうこと。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:趣味
 久々に面白い本にぶつかりました。僕の中では「容疑者Xの献身」以来かな。その本は「快楽」と書いて「けらく」と読みます。工藤美代子さんという人が書いた本です。たぶん女性向けに書いたものだと思いますが、面白いんです、これが。中身をいってしまうと、「おまえは変態か!」といわれそうなんで、伏せますが、エロ本じゃございません。非常にまじめな本です。そんでもって「へ~そうだったんだ」って、思わず声に出しそうになってしまいました。45歳以上の男性は読んで損はない、いえ、読んだ方がいいです。中高校生のころ、なんか知識としてあったような気もします。懐かしさも個人的に覚えてしまいました。でも、今の高校生以下のガキは読まんでよろしい。特に息子。おまえは読まんでええ。大人になってから読みなさい。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:趣味
 なかなかおもしろかったです。1975年に行われた試合。34年前の猪木、若いですなあ。対するビル・ロビンソン、ブヨブヨの体のわりに動きが俊敏。インターネットで見たのですが、おもしろかったです。60分3本勝負なのです40分ぐらいにロビンソンが一本とりまして、最後55分過ぎに、猪木がこのままでは負けるというので、ビンタで挑発するのです。それに対して、時間切れ勝利を狙っていたロビンソンの堪忍袋の尾が切れて応酬するのですな。そんでぎりぎりのところで、猪木のまんじ固めが決まって引き分けに持ち込むのですが、なかなか面白かった。さすが猪木です。見どころをこころえています。そのあと、猪木対アンドレ・ザ・ジャイアントも見たのですが、これもなかなかでした。あのアンドレが流血したのですよ。ちなみになんのことかわからない人のためにいいますが、プロレスです。最近は馬場とか、猪木レベルの人が出てこないのが残念ですが、おもしろいのでしょうか。曙とか、蝶野あたりじゃねえ。プロレス界にもスターがそろそろ欲しいですね。最近K-1もたいして面白くないしなあ、相撲だけじゃなく、がんばってよ、格闘技。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:趣味
 たまには趣向の違うドラマを見ようと、久しぶりの韓国ドラマ、「ファン・ジニ」を見る。
 時代劇は、あんまり好きじゃないので、それほど見たいと思ったものじゃなかったけど、ハ・ジウォンがきれいだし、インターネットで1話ただなんで見ることにしました。
 16世紀朝鮮王朝時代に実在したキーセンの話です。一話にハ・ジウォンは出てこなかったけど、幼少期を演じる女の子もかわいいんで思わず引き込まれてしまいました。1話に出てくる話では、当時、キーセンは世襲制だったらしくて、他の職につくことは許されなったらしい。しかも「謙虚さを追及するのがキーセンなのよ」ということで、僕のイメージ(どんなイメージだ)していたのとはちょっと違うようだ。台湾の女の子は、韓国は「男尊女卑(台湾は女尊男卑ほどはいかないが女強男弱だ)だから嫌いだ」といっていたが、韓国は昔からそういう社会風潮が根付いていたのがわかり、なるほどでした。でも、謙虚さを追及するなんていいじゃありませんか、どこかの社長に聞かせてやりたい。ドラマの内容も波乱に富んでいてかなり面白い。2話からはハ・ジウォンも出てくるし、ますます僕の中では盛り上がりそうです。今まで凝っていた医龍のシリーズ1も借り終ったところで丁度良かったでし。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:趣味
あの吉田秋生作のコミック『BANANAFISH』がようやく先日1から6までつながった(といってもまだ11まであるが)。この本はたぶん版は重ねていなくて、一般の書店にはない。仕方ないんで(「まんだらけ」とか行けばたぶんあるんだろうけど)、古本屋に置いてある巻をバラバラに買っていたんだけど、先日なんとか1~6までつながった。
 なんでそこまでこだわっているか、というとこの『BANA FISH』は平成10年に「1億人の漫画連鎖」というダ・ヴィンチ編集部が出したMOOK本の中で名作マンガの一番になってるのね(ぼくはけっこうランク付けに弱いのかもしれない)。ちなみに2位は『BLACK JACK』で3位は『ドラえもん』である。そんな名作にして、アニメ化も映画化もされていない(たぶん)。だからなのか、他のコミックに比べ知名度は低い。しかも少女マンガ(差別するわけではないが)だ。ぼくはこのランキングを見て初めてBANANA FISHを手に取った。ようやく話がつながったんで、少しずつ読んでいるが、ぼくの中ではそれほど盛り上がってこない。やっぱどことなく受け付けない部分があるんだよな。でも、時々思いがけない展開があるし、そん時にはすげえって素直に感動したりする。物語はこれから徐々に佳境に入っていって、最終回がまたすげえらしい。いやあ、マンガの世界は奥が深いよなあ。ますます没頭しがいがあるってもんだ。これからまだまだマンガの世界は面白くなるよ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:趣味
今頃になってDVDみてるのですが、なかなかおもろいですな。

おいらの編集している雑誌っていうのは、一応中小企業を応援する雑誌ってことになってるんで、わりあい製造業なんかを取材するんだ(といってもおいらはテープ起こしして記事を書く。取材はしない)。そうすると、年配の社長さんもけっこう多いんで、高度経済成長期の話なんかが出てくるんだけど、なかなかドラマがあって面白いんだわ。大企業もそうだろうけど、中小企業なんて浮き沈みが激しいから、どん底からはいあがったり、逆のパターンももちろんある。まあ悪いことはあんまり言わないけどね。

だから、ちょっと興味がある。で、華麗なる一族ってのは1965年ぐらいの話だから、だぶるんだよね。溶解炉なんかが燃えてる場面なんかみると、「おお、こんな感じだったんだ」って想像力が働く。家族関係も複雑でいいよね、もめ事が多くてさ。あの、でき物の鯉とかイノシシなんかはどうにかなんねえかって思うけどね。

しかしまあキムタクはかっこいいけどさ、なぜ日本のドラマは(韓国も同じだけど)、主役クラスがいつもああ若いんだい。視聴率稼ぐためしょうがないんだろうけどさ。アメリカのドラマとかやっぱ違うじゃん。女優だってけっこう年いったの使ってるし、やっぱリアリティがあるよ。日本の俳優は極端なんだよね。20代、30代がいて、その上で目立つのは60代とかになるでしょ。そろそろ日本のドラマも考えて欲しいよな。


話違うけど、俺の日記のコメントって、なんであんなのばっかなの。お店行きたくなるじゃんよ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:趣味
 昨日はせっかくの土曜日だってのに、仕事があって一日つぶれてしまったんで、今日は朝からどっかに行こうと思ってた。でも俺の行くとこなんていったら、映画ぐらいしかなくて、いつものシネマ何とか21何とかっていう、映画ビル(他に呼び方アンだろうよ)に行った。
 目当てはタイを舞台にした「闇の子供たち」だったんだけど、またギリギリで行ったもんで、すでにソールドアウト。仕方なく「崖の上のポニョ」を見たのさ。しかし、最近の映画館の椅子は座りごこち良すぎ。映画始まって10分ぐらいで寝てしまい、また途中で寝て、最後の方でも寝て、正味3分の2ぐらいしか見てなかったみたい。筋もよくわからんかったし、さびんところも寝てたのかな、感動がほとんどなかった。それで入れ替えで出されて、時間見ると、ちょうど「闇の子供たち」の夕方の放映にいい按配だったの。それでまた並んで切符買った(言い忘れたけど今日はシネマ何とかの日で一本1000円だったのよ)。これは坂本なんチャラっていう監督の社会派映画。子供の臓器売買をテーマにしたもので、幼児性愛なんかも含んでいて、けっこう重かった。タイっていう部分にやっぱ惹かれていて、そういう裏世界があるってのは知ってたんで、見たかったんだよね。結果、寝なかったよ。そりゃいいか…。期待したわりには内容はイマ一つってとこ。でも、テーマが重いし、懐かしさもあって、そこそこ楽しめた。
 考えさせられるとこは多かったな。俺がタイに行ったのは日本語教師でいったんだけど、30になる直前で、18年ぐらい前なんだよね。映画の中の風景ってそん時のまんまだったな。けっこう田舎映してたからね。都会は大分かわってるはずだよね。それで俺にとっては良かったっていうのもあるんだろうな。ああ、いきたい、いきたいって思いながら18年も経っちまったよ。でも、俺が世話になってた会社はまだある。ホームページあるからね。あの社長も頑張ってるな。規模的にはあんまり変わってないみたいだけど、いまだにやってるってのはすごいよ。近いうちに(ここ2,3年で)顔出したいよね。仕事がらみで。そんときゃ遊ぶぜ。20年分の思いがつまってるからね。18年前に行った時にはほとんど遊ばなかったんだよね。観光とかまったくしなかった。仕事だったからね。今度行くとすれば、やっぱ仕事か。でも楽しんでやるぜ。思いばっか先行しちゃうな。
 この映画はテーマとは別にそんな思いを復活させるようなものでした。

待ってろよ、タイ!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:趣味
今、NHKラジオ第2放送で、”感覚的漫画論”というのを放送している。
 こころをよむシリーズということで、予想にたがわず「漢詩の来た道」「文学の世界ブロンテ姉妹」「道元のことば」など、硬い内容のものばかりなのだが、そこに”感覚的”漫画論です。
 漫画は今や学術的にも認められてるんですね。その講師が京都精華大学マンガ学部長の牧野圭一氏。あまり知られていませんが、一こまマンガの長老といったところでしょうか。
 私のうちにはラジオがありませんので、とりあえずテキストを買って読んでみたのですが、これがつまらないんです、実に。いろいろ書きすぎですって、牧野先生。
 趣旨としては、マンガほど一つのものごとをわかりやすく端的にしかもおもしろく伝える媒体はない。マンガは日本固有の文化だ。マンガは理屈ではなく感覚で理解するものだ。などなどで、結局、ありきたりの漫画論を難しく説明しているもので、ちっともおもしろくないんですよ。マンガはマンガで説明するのが一番です。
 ともあれ、マンガが文化的に認められているのは誰もが認めていること。最近では漫画家=文化人で、テレビのコメンテーターとしてかかせない存在ですもんね。テレビ界では困ったときには漫画家を呼べっていうのが通説になってるとか、なってないとか。
 メディアの中でも、影響力においてはトップクラスではないでしょうか、特に若者の中では。若くなればなるほど、身近になりますものね。個人的には、あまりかたっくるしいものとしては扱われたくないような気もします。わからない人にはわからないですよ。僕だってわかんねええなあっていうのたくさんありますしね。でも、幼児期の子どもが見るマンガは、幼児に感情移入して、こりゃ絶対おもしろいわって思います。
 まああんまり偏ってもどうかなってのもありますけど、おもしろければええやん、とにかくつかみの部分ですから、外国人の日本語教育に有効に使いたいです。マンガ自体はかなり外国人にも浸透していますから。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:趣味
先週金曜日、昼休みに青山ブックセンターで立ち読みしていたら、懐かしい本に出くわした。

つげ義春の『貧困旅行記』だ。

「昔買った事があったなあ…」と思いつつ、本を開いたら、なんかいい写真がでてるんだよね。

いかにも、「つげだあ!」みたいな写真で、以前にも買ってる本(たぶん)なので、かなり迷ったが、結局買ってしまった。またうちで探すの大変だしね。

で、その写真がこれなんだけど、お面はもちろん、この手足の格好がいい…。

と、立ち読みしてる時は思ったのね。

ん~ん。でも今、冷静になって見ると、かなり作為的なんだなあ。

「手足をこういう格好にしてね」

なんて言っているつげが見えてきてしまう。

漫画家だから、作為的なのは当たり前なんだけどね。

でもつげらしいっていえばつげらしい。

最近つげの近況きかないなあ。どうしてるのかなあ。あの人って、いつの間にかふっと消えちゃいそうな人じゃない。5年前から失踪してます、なんてことにはなってないよねえ。

もう70だもんな。いいじいさんだよね。

だれか近況知ってたら、教えて。






071022_2200~01.jpg

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:趣味
 今日、久々に映画を見に行った。日本に戻ってきてから初めて。台湾にいる時も最後の数ヶ月は見ていなかったから、1年半ぶりぐらいになるんじゃないかな。
 見たのは「不都合な真実」。もう話題にするのは古い感じだよね。台湾にいる日本語教師時代の教え子に勧められていたんだけど、外に映画を見に行くってこと自体すごくおっくうになっていたんで、見る気にならなかったんだ。
 でも、先週かつてのバイト仲間と飲んだせいか、やや気持ちが外に向いて、昨日「そうだ、あれ見に行こう」って思いつき、出かけました。
 電車はやっぱ苦手だけど、六本木に降りたったら、すごく新鮮な気分だったね。場所もすげえおしゃれじゃん、やっぱし。
 映画館自体もえらくきれいで、ゆったりできてさ、やっぱ違うよね、最近の映画館は。
 でも、リラックスしすぎちゃってさ、予告編見てる段階で、「やばい」って思ってたら、ちょうど始まるあたりに、もうまぶたがとじはじめちゃってるわけさ。まあ、いい映画なんだろうけどさ、3分の1は寝てた様な気がする。なんか長い教育番組見せられたような気分になってしまいました。最後の字幕には感ずるものもあったけど、残念だ。
 これじゃ教え子に感想も言えやしないよ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:趣味
 昼休みに立ち読みしていた。
 ほんとは齋藤孝の「速読学」(ちょっと題名あいまい。斜め読みを勧めるような本ではないようです)を買いたかったのだが、そこの本屋には置いていないようなので、あきらめてマンガ本コーナーを何気に眺めていたら、あの「やわらか戦車」が並べてあった。
 (ウッ、マンガ本になってるんだ)気づくの遅!
すぐに手にとる。
 (薄い…こりゃ10分で読める)
迷いました。しかしその可愛さに負け、買ってしまいました。
いやあ、きゃわいい。
わすの宝物です。
 グッズも続々発売ですと!
 やばっもうすぐ47なのに買ってしまいそ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:趣味
通信教育のイラストを進めました。

 しばらく忘れとりましたが、私には子供のための日本語の教科書を作る、という壮大な夢があったのでしだ。

 イラスト講座は、かなり遅れ目です。こんなところで頓挫してしまっては、夢が夢のまま終ってしまう。

 仕事は仕事、夢は夢です。夢、夢、言ってるとはかなく散ってしまいそうなんで、希望としましょう。

 それとは別に、絵を書いていると、自分に戻れるって感じがあります。

 うまいとか、下手とかじゃなくて、絵を書こうと思った瞬間に気持ちをスイッチできるじゃない。

 何かわだかまりがあると絵を書こうという気持ちになれないしね。

 少し気持ちの上で余裕が出てきたんだろうね。開き直ってるともいえるけど。なんにしろいいことです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:趣味
 「金をかけるばかりが道楽でもあるまい。
 
 湯水のように札束をばらまくのは、IT長者にでもまかせておけばよい。
 
 身のまわりを見渡せば、一円の金もかからない道楽がゴロゴロしているでは ないか」

 
 五木寛之の「新・風に吹かれて」からの言葉です。

 五木寛之がやっていたのは、「水遊び」といって、いろんな水を一口ふくんで、そのブランドを当てる遊びだそうだ。
 ブランドって、ペットボトルで売ってるやつのことかな。それを誰かにコップに入れてもらって、それを当てるっていうことでしょうか。

 面白いんでしょうか?ご本人にとっては、面白いんでしょうね。付き合わされる人も大変です。

 五木寛之は以前はジャズの店に通ったり、古本屋をのぞいたり、お坊さんや学者の先生がたと麻雀の卓を囲んだりしていたそうです。豪快な道楽には縁がなかったとご本人は言っております。

 最近は、何も金をかけるだけが道楽でもあるまい、と思うようになってきたんだそうです。

 確かに金をかけない道楽はいいものですよね。第一気が荒まないです。
 道楽というと、頭に浮かぶのはギャンブルでしょうが、気が荒んでどうしようもないですよね。かくいう私もパチンコなどたまにしますが……。
 
 でも、今の私の道楽(趣味だと思っていましたが)は、立ち読みと散歩です。まだまだ、五木寛之の境地には達しませんが、立ち読み道などはなかなかいいものです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:趣味
 タムくんアニメがセブンイレブンに届いていたので、さっそく取りに行った。



 まあ、悪くもなかったが、大して良くもなかったかなあ。



 スケッチブックに画いたような絵が動いて、そこはかとなく郷愁を感じるってとこかな。



 日本人じゃまず画かないだろうね。


 日本人が同じもの画いても売れないんちゃうかな?


 タイ人が画いたってことで、商品になってるんだろうね。


 でも、つまんなくはないよ。そこそこいってるよ。


 たまにこういう作品を見るのもいいと思うね。


 これは(タムくんアニメ)イエローだけど、グリーンも買うかも。


 
| BLOG TOP |

copyright © すでに49歳男の悪あがき日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。