すでに49歳男の悪あがき日記 わからん?

プロフィール

酔ふ児

Author:酔ふ児
48歳の現在まで挫折の連続。特に近年、新聞業界紙の記者をやめてから駄目っぷりが加速。9年前に日本から別居中だったかみさんのいる台湾に移住。心機一転と思って、日本語教師を目指すが、5年目ぐらいで他の活路が思い浮かび、日本に舞い戻る。とりあえず安定の道を探るが、45で正社員に採用してくれるまともなところは皆無。その後の3年間では、日本語教育業界紙を4日でやめ、パチンコ雑誌の編集プロダクションを4ヶ月(後にその会社の会長がインサイダー取引でつかまる。元やくざだったらしい。俺の退職とは直接関係はない)、自己啓発のセミナーなどを主催している会社に派遣で入社するが正社員移行の際給料のあまりの低さに愕然とし8ヶ月で身を引く。1年前から南青山で中小企業を応援するという名目の雑誌社に正社員として入社、かつて出版で一世を風靡したことがあるというメタボ社長と奮闘中。しかし、その実、台湾で思い浮かんだ外国人の子ども向けに日本語の教材を出すのという夢に向かい地味~に進行中です。


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ほおもんしゃ数


FC2ブログランキング


リンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


フリーエリア

つながりを力に!起業支援ネットワーク NICe


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム


フリーエリア



DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:わからん?
先日、仕事を終え、とぼとぼ帰ってきた時のことです。
 うちまで30メートルぐらいのところでした。何やらかなり大きな黒い塊が置かれている。
(何じゃ?)
と思って目をこらすともぞっと動いた。
(人間!ということは酔っ払い、それともお年より?)
頭をよぎったのは(まさか、お袋ちゃうやろな?)
慎重に近ずき、声をかける。
「大丈夫…」
なんと黒いワンピース?のお嬢さんではあ~りませんか。しかも体をくの字にし、すそがややめくれシュミーズが見えている。
「どうしたの?」
「上から落ちたんれす」(ろれつがまわってない)
「…?」見上げる俺。上は3メートルぐらいありそうながけ、そして柵、そしてうち。
(どうやったら上から落ちるわけ?)
(泥棒さん?)
「ここの人?」上を指差し聞く俺。
「は・い」
がけの上のうちの人(お母さん?)が出てくる。
「ど・ど・ど…どうしたの」
お嬢さん「……」
俺「上から落ちたらしいです」
お嬢さん「あ、足が痛くて動けない」
お母さんらしき人「救急車呼びますから、ちょっと見ててください」
「はあ」(でも、見てていいの?→意味がちがうって)
 気がつくと、中学生くらいの女の子がそばで状況を見てる。
 なんか非常に気まずさを感じつつ、立ち尽くしていました。
 しばらくして、救急車の音が聞こえてきたんで
 「ちゃんと来るか見てくる」と中学生くらいの女の子に声をかけて、その場を離れた(ちゃんと来るのにきまってるのにね)。
 救急車が来ると思われる道で、しばらく待っていたが、全然来ず、仕方ないから引き返した。救急車は僕が見に行った道とは違う道を使って来ており、ちょうど彼女を積みいれたところだった。
(よかったよかった)

 しかし、今考えるとあの中学生の女の子がいてたすかったと思うよね。だって、身動き取れない女の子の足元に中年のおっさんがたたずんでるんだもん。この構図はどうみても中年のおっさんには不利だよな。
 なんか得したような(なんでやなん)、危なかったような、ちょっと刺激のある夜でした。

 しかし、あのお嬢さん、何であんなところから落ちたんだろ。
 

スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:わからん?
 きのうは、何か嫌なものを見てしまった。
 
 昼休みに、台湾にいる息子に郵便局からDSのゲームを送ったのだが、そのときの話。
 
 俺は宛名を隅っこで書いていた。

 俺の横には預金?をしている車椅子のおばあちゃんと、それを押しているお姉ちゃん。おばあちゃんは「あ~あ、腰が痛いわ。早く帰りたいわあ。でも我慢するからね」なんて感じでお姉ちゃんと話している。

 俺も、「気の毒になあ、こんなところで待たされて」と思っていたわけだが、その時に、突然。

 「もう、何やってんのよ。一人のお客さんに何分かかってるの!」

 車椅子を押しているおねえちゃんの後ろで怒声が。

 待ち時間に業を煮やしたおばちゃんが叫んだのだ。

 「準備してからやってよね!」

 最初は郵便局に対する不満か、と思ったが、後の叫び声はおばあちゃんとおねえちゃんに対する言葉か?

 俺は宛名を書き終え、郵便を出す列に並んだのだが、それでも同じような怒声はやまず、2、3分ぎゃあぎゃあ言ってたと思ったら、ドアに八つ当たりして出て行った。

 世間のおばちゃんのマナーを逸脱した行動ってのは、話題に上ること事欠かないが、間近に見て、唖然としてしまったよ。

 まあ普通のおばちゃんはあそこまでひどくないよな。それどころか、歯医者とかで待たされて焦れているのは大抵親父どもだし、女性っておくゆかしいなあ、なんて最近見直していたんだ。

 それと対極にいるおばちゃんだ。しかも、その相手っつうのが、もう年のころ90にも手のとどきそうなおばあちゃんだ。慰めこそすれ、非難するなんて考えられない。

 しかし、ああいう行動っつうのは平常心では絶対しないと思う。やっぱ、普段よっぽど、いやな目に合ってるのかな。

 そっちの方が気になっちまうなあ。

 
| BLOG TOP |

copyright © すでに49歳男の悪あがき日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。