すでに49歳男の悪あがき日記 会社

プロフィール

酔ふ児

Author:酔ふ児
48歳の現在まで挫折の連続。特に近年、新聞業界紙の記者をやめてから駄目っぷりが加速。9年前に日本から別居中だったかみさんのいる台湾に移住。心機一転と思って、日本語教師を目指すが、5年目ぐらいで他の活路が思い浮かび、日本に舞い戻る。とりあえず安定の道を探るが、45で正社員に採用してくれるまともなところは皆無。その後の3年間では、日本語教育業界紙を4日でやめ、パチンコ雑誌の編集プロダクションを4ヶ月(後にその会社の会長がインサイダー取引でつかまる。元やくざだったらしい。俺の退職とは直接関係はない)、自己啓発のセミナーなどを主催している会社に派遣で入社するが正社員移行の際給料のあまりの低さに愕然とし8ヶ月で身を引く。1年前から南青山で中小企業を応援するという名目の雑誌社に正社員として入社、かつて出版で一世を風靡したことがあるというメタボ社長と奮闘中。しかし、その実、台湾で思い浮かんだ外国人の子ども向けに日本語の教材を出すのという夢に向かい地味~に進行中です。


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ほおもんしゃ数


FC2ブログランキング


リンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


フリーエリア

つながりを力に!起業支援ネットワーク NICe


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム


フリーエリア



DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:会社
 先々週に引き続き連休。こんな短い間隔で連休がもらえるのは入社以来初めてだにい。
 さて何をしようか。一つは決まっている。「nice」のSNSに日本語教育に関するコミュニティを作る。
niceというのは、”「つながり力で、日本経済と地域社会の未来を拓く!」を合言葉に、自立して生きる人や雇われずに生きる人、またそれらを目指す人が、業種や地域、世代を超え、情報と知恵と志の共有・循環をはかることで「相互支援体制」を築き、それを推進力として起業や新規事業・新市場の創出、地域社会の活性化を実現し、人間本来の共同性に根ざした「お互い様経済」の創造を目指す非営利活動”というもの。2,3年前から参加させてもらっているが、ほとんど活動らしい活動はしていない。しかし、今回はそのつながり力というものにちょっと期待して、一歩踏み出してみようと思った次第です。実は他の所でも同様のコミュニティ(といってもそんなに大げさなものではない。ただ名前をつけて取り組みたいことをちょこっと出しているだけ)を作っていて、何人か同調してくれる人もいる。ただ、niceは、組織としての主旨も明確だし、反応も期待できそうなので、自分の考えを少しずつさらけ出してみるつもり。
 今日は他にも借りてきたdvd見たり、買い物に行ったりで一日過ぎていくんだなあ。
 まあ、いずれにしても連休はいいもんだ。
 


スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:会社
昨日までは、休みが一日一日減るのが、恐怖だったけど、今日はなんだか逆に気合いが入ってきた。ないても笑っても、5日から会社だ。びくびくしててもしょうがない。明日は3分狩りにして、気合い一発だ。俺にはそれしかないのね、はっきし言って。その部分で支店内で認められている部分がある。仕事はできねえ、空気は読めねえ、記憶力はない、でも何故かギリギリで踏ん張る。これだけよ、俺が続けられた秘訣は。自分でも不思議だけどね。5日には班変えがあって、俺支店長班から厳しい厳しい(支店長)代理班に移される噂もある。こえ~けど、上の決めることだから、なっても頑張るしかない。
 しかし、その前にロープレのセリフ覚えなきゃなんない。なんつったって、俺支店内で一番下手だかんね(2か月前に入ってきた奴より下手)。「営業は恥かいてなんぼ!」俺の尊敬する先輩(実際は後輩だけどね)の言葉。とにかく頑張るしかねえ!やったるぜ!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:会社
やっぱ、営業はきついね。予想通りだす。
 朝は、上司一人一人に大声で挨拶して、ラジオ体操(これも大声でイチニサンシ叫びながら)、社訓の読み上げ、朝礼で昨日の成果発表。常に大声が基本。社を出る時にも、上司に「いってきます!」、そして入口で再度挨拶して出発。
 大体9時半ごろ幹部の車で現地に出発して、訪問販売開始、帰りは6時過ぎにに車のある駐車場に集合し、会社に。それから反省やら、日報、チラシに印鑑押し。会社を出るのは8時過ぎ。
 まあ営業職にしては普通なのかもしれないけど、おれにしてみればこんなの初めてなんで、けっこうつらいものがある。この前なんか、車に幹部と二人にされ、ロールプレイ。それを一時間近くもやらされる。地獄だったぜ。
 でも、運動部系のノリでちょっと懐かしい気もする。これで成果がでればつらさも吹っ飛ぶけど、当分出そうにないなあ。
 何とか、みんなに食いついて、結果を出したい。当分起業はお預けです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:会社
ようやく長い長い研修(実際は五日間)が終わった。
営業系の研修って、きっと人格無視で、恥をうんとかかされて、それこそ脱落者続出。そんな修羅場を想像していましたが、それほどのものではありませんでした。確かに営業経験皆無の俺には厳しいものがあったけど、理にかない納得できるものでした。
しかし他の新人は営業経験者で、差は歴然。先行きすんげえ不安です。でも年齢的には上もいるし、似たり寄ったり。その面で一人だけ突出することはなく、ひと安心。
まあこれから、これから。言い聞かせています。あいつらのできること、俺にできないわけがない。同じ人間のすることですもん。まして俺には生活がかかってんかんね(その辺の気持ちはほかのやつらに負けてないと思うよ)。二日休んで七月三日から本番。少なくとも気持だけは強く持っていきます。

出版物出したい気持ちは捨てていない。でも、俺には営業的な感覚ってほとんどないから、今回の転職は勉強になるはず。やっぱ人と交渉するのって、その辺の感覚って大事じゃん。そのまま営業に埋没することも考えられるけど、それはそれで楽しめればいいじゃない。…可能性は少ないと思うけどね…。

まあ先のこと先のこと。とりあえずは営業で成果を出さないと。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:会社
やっと決まりました。きのう面接で即決。

この歳で再就職。しんどかったなあ。でも一ヵ月半で就けたからよかったです。さすがに編集は無理でした。いくつか応募したけど面接までもたどり着けなかった。年齢のせいかな?

今度きまったのは住宅リフォームの会社で、職種は営業。今までとまったく畑違い。不安はありますがやんなきゃならん。わらすも必死です。

そんで場所がまったく奇縁なんですが、大学卒業して入った会社(23年前まで勤めていたとこで、数年前に倒産したらしいですが)の向かいの建物なんです。都心だったら、まだ考えられますよ(考えられないか)。あの辺狙ってたわけじゃないし、蒲田の駅からまたちょっと離れた場所なんですよ。大学卒業してすぐ入った所ってだけでなく、いろいろ思い出があるんです、あそこには。いわば俺の怨念が残ってるところなんすよ。23年前の俺がいそうです。恐っ。かみさんと出会ったところでもありますし。

再出発にはいいところかも。今日から出ます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:会社
 つい最近まで二人でやっていた会社ですが、それが今5人になりました。私も以前は自称部長でしたが、社員も入ったおかげで、名ばかり管理職を脱しました。でも、彼らもいつやめるかわかんないし、油断はできないです。まあ、やめるのを怖がって、新人に気を使うのもおかしな話ですしね。
 しかしこの体制も社長のやけくそからきたもので、本来ありえない。赤字が累積している状態で普通は新しい人入れられないでしょ。しかも3人。現状打破したい気持ちはわかりますが、あまりに無謀です。いきなり差し押さえってことも、ありえる。
 もうあのアホにはまかせらんない。こっちの生活もありますしね。まったく今まで裸の王様でしたから、実績もないくせに、ほぼはったりだけで生きてきたやつ、今はそれじゃ通用しないんだよ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:会社
社長がやけくそだ。
また求人を出した。今まで4人入れて、3人があっという間に退社、そして昨日新たに1人の採用を決めたが、もう1人取るという。
どう理解したらいいのだろう。俺の給料すら払えないのに、新たに3人分の給料をどう捻出するんだ?
はっきり言って泥沼。本人は「この苦境を脱出するには人海戦術しかない」、と息巻いている。「あほ、ばか、まぬけ!」、正気の沙汰じゃない。たぶん何人も入れて、その中からいい人材を見つける、ということだろう。だったら、何人切ってもいい(実際は採用された方がやめるが)、と。採用される方はいい迷惑だ。
 借金もさらに増えているようだし、ん~、末期症状。まずいね、こりゃ。何とかしないと。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:会社
ようやくうちの発行雑誌が月刊誌になるかも。
 って、今まで月刊誌じゃなかったのかよ。そうです。月刊誌じゃなかったのです。名目だけの見せ掛け月刊誌でした。だから本屋にも置いてもらえないし、広告もとれませんでした。購読者も募れない。じゃどうやって儲けてきたの?
謎はふかまりますが、かつてはけっこうあったみたいですよ。この種の雑誌。

しかし、今の時代、もう許されません。

そこで、ようやく1月から月刊誌にしよう、という話が持ち上がっています。ボスもようやくこれでは経営も成り立たん、と気がついてきたようです。「今ごろかい!何十年もこんな商売やってきやがって」

でも、どうかな。正常な販売ルートにのるようになるには、地道な努力が必要だし、ボスも今までの販売手法を改めようとはしていない(もっともその手法がなければうちはあっという間に収入がなくなってしまうのです)し、経営が好転するのは難しいでしょうね。今もプロダクションとかと調整中でどうなるかわかりませんが、例え月刊誌になったとしてもまた元に戻る可能性は大きいですね。

俺もこの会社に入って1年が経ちました。ボスもその間、雑誌や会社自体も変えようとしているみたいですが、なかなか難しいですよね。今までそうやって生きてきたんだから。

でも、この雑誌は最終的には失敗すると思うね。結局ボスの営業手法があっての雑誌だからね。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:会社
先日、弘兼憲史の描く島耕作が社長になったよね。
 前々から多少は気になっていたんだけど、昨日「課長島耕作」の一巻を古本屋で買った。
 俺も今、いろんなとこの中小企業の経営者の記事を書かせてもらってるんだけど(えらそうに言うけど、テープもらってそこから記事を書く。取材はしてない)、やっぱあんまりこの世界のこと、知んないなあという実感がある。アホ社長には「小室君は世間を知らなすぎだよ」なんて言われてしまうし(本を全くといっていいほど読まない人に言われたくない。このオッサン、出版社?の社長やっているにも関わらず、活字に接することがほとんどない。「俺は耳学問だから」なんてうそぶいている。出版人の風上にもおけない人なんです。俺は出版人とは認めてないけど)。
 そこで、島耕作だけど、課長から部長、常務、専務とかから今回の話になるわけだから、そのプロセスが描かれているわけでしょ。でも、最初のうちって女と寝てばっかしなのね。多少は以前に読んでて知ってたけど、3話ぐらいまでで毎回寝てるんだもん。俺もそういうの嫌いじゃないというか、好きだから、いいんだけどさ。そのうち変わってくるのかなあと期待たせつつ、なかなかそういう展開にしないっていうのが、漫画家の狙いだからね。まあ、そうはいかないんだろうね、しばらくは。まあ、こっちも気長に待ちますよ。
 しかしいいなあ島耕作は、もてて。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:会社
もちろんお酒の話です。今週は月曜日から風邪を引き始めてず~っとのどが痛くてひかえていたのです。社長にもうつしてしまったようで、今日は取材後、直行で病院に行くと、昼過ぎに帰ってしまいました。
元凶の私はなんとか持ちこたえて、ダウンするこちょはなく、調子が悪いながらも、フルに仕事しました。
おかげでアポ取り今週4件(一日一件)成功し、まずまずの成果でした。その間、社長は0ですからね(取材やら、集金やらで社にはあまりおらんでしたが)、社長の俺に対する態度も変わってきましたね。まあ、赤字企業ですから、その程度で好転するわけでもないんですが、小言は少なくなってきました。
この会社って、このままでいけば潰れるのが目に見えていますんで、何とかしたいってのもあるんです。私的にもなかなかこの歳で安定した就職先は見つからんですから、この会社で頑張りたいと思うんですよ。そのためには微力ながら社存続のために貢献したいしね。
内緒だけど、この会社で新しい雑誌作りたいなんて思ってるのよ。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:会社
社長のお言葉です。
 出勤四日目、いっしょに昼飯食いにいったんですけど、前日の夜の電話の話になったのよ。(ビエチャン君は定期代がなかったから、あんなこといったんだろ)みたいなこと電話でいったんだよね。このへんの話はぐちゃぐちゃで理解不能なんだけど、電話でもめたくなかったんで、否定せずに電話では「お気遣いありがとうございます」って答えたんだ。そしたら、その昼飯の喫茶店の場で、「そういうことなら、恥ずかしがらずに言ってよ」みたいなこと言うんで、「社長違いますよ」と正直な話をしたんだ。「手続きとしておかしい。お金のあるなしの話じゃない」と。で、またごちゃごちゃ言ってるんで、「あ」と「え」の真ん中ぐらいの鼻にかかるような発音で「あ(え)~?」と答えたらしい(意識的じゃなかったのだ。俺の癖なのかもしれないが、馬鹿にされたと思ったのだろう)。「何だ?その返事は!」と激高してタイトルの言葉ですよ。
こっちは、ここで下手に視線はずしたらいかんな、と思ったんで、しばらく見つめあったね(気色悪)。まわりに人もいたけど、し~んとしてたな。
社長もなめられちゃいかん、と思ったんだろう。
でもそれで落ち着いたの。2,3分かかったけどね。

その後は何もない、不思議だけど。今日も昼飯ごちそうになったし、インタビューにも同行したしね。

そういった根に持たないところに、社長の懐の深さも感じてる。

今後もぶつかるだろうけど、何とかなりそうよ。

今日もらった名刺には、入社五日目の人間には考えられない肩書きがついていた。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:会社
 今、会社での俺の置かれている状況ってのはあんまりよくない。その理由ははっきりしている。


 俺が他人を拒絶しているから。拒絶っていうと、まだ聞こえはいいんだよね。他人が横から近づいてきたり、他人の笑い声が聞こえたりした時に、嫌悪感が表情に出てしまうんだ。わざとやってるんじゃないんだが、どうしても出てしまう。相手は嫌がるさ。嫌われるの、当たり前。

 ひどくなったのは、2,3年前からだね。台湾に住んでいたんだけど、かみさんとの関係がますます悪くなって、憎しみの感情が消えなくなって、アパートの部屋(かみさんとは既に別居中だったから一人住まい)から、一歩出ると顔がこわばった。他人と目が合うだけで、嫌な顔をされた。日本語の家庭教師だった。生徒の家族の人にも嫌がられた。生徒はどん減り。台湾では希望が持てなくなった。


 こう書くと、かみさんに酷い事をされていたせいになってしまうが、もちろんかみさんにも言い分はあろう。彼女にとっては俺が酷い仕打ちをしていたってことになるのかもしれない。それに台湾に行く前から兆候はあったな。


 その、他人に対する憎しみの感情ってのが、今でも続いてる。前の職場ではもっとひどかった。同僚はほとんど10歳以上離れていたけど、親しく話せたのは初めのうち、2,3回だったかな。みんな俺を避けていたな。今度の会社は俺より年配の人が多くて、俺のそういう態度は大目に見てくれる人が多い。でも、駄目な人は駄目。口をきかない人もいるし、いやみな態度をとる人もいる。


 マーフィーの本なんて読んでると、俺がいつまでも誰かを許していない、憎んでいるからってことになる。それは自分自身を憎んでいることもあるらしい。相手に届かない自分だけの手紙(相手を許す、あるいは許しを請う)を書くのもいいらしい。しかし、どこかにわだかまりがあり、書き出すことができない。

直すのは時間がかかりそうだなあ。

 

タグ : 恨み、憎しみ

| BLOG TOP |

copyright © すでに49歳男の悪あがき日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。